本せどりは雑誌がおすすめ!初心者にも最適な商材の仕入れ基準を解説

本せどり
【NEWS!!】ストアカにてAmazon本せどり入門講座を好評開講中!

 


おかげさまで総受講者数も300名様を突破!

ただいま
2022年7月31日まで限定!

感謝されながら
99%誰もが稼げる
アマゾン本せどり


新生活応援
“1000円ポッキリ受講キャンペーン”
好評開催中!!

講義終了後には質疑応答のお時間もあり、
「1000円でここまでやってくれるのか」
そんなお喜びの声も多数頂戴している
おすすめの講座です ♪

 

本せどりブログ情報メディア
本せどり頑張る部まちがみのブログ

執筆者のまちがみです。

 

新たに新規で
Amazon出品用アカウントを開設して
これからアマゾンで本せどりをスタートするなら、

 

間違いなく
はじめの入門商材は、

 

雑誌

 

からスタートするのが
オススメです。

 

つまり

雑誌せどり

から始めるのが

ということです。

 

というわけで
この記事では、

 

本せどりは雑誌がおすすめ!初心者にも最適な商材の仕入れ基準を解説

 

について解説していきます。

 

本せどりは雑誌がおすすめ!初心者にも最適な商材の仕入れ基準を解説

1. なぜ雑誌は本せどり初心者に最適なのか?

 

まずはその理由ですが、

・圧倒的に身近なアイテム
・仕入れがとても安い
・実はプレ値アイテムがとても多い

ということが挙げられます。

 

それではここでひとつ、
私が実際に安値で仕入れて
高値で販売した中古雑誌の事例を
ご紹介します!

 

こちらの商品です!

 

【商品名】
MEN’S NON-NO(メンズノンノ)2021年1月号 (メンズノンノ、MEN’S NON-NO) [雑誌] [2020] MEN’S NON-NO編集部

・仕入れ日/場所 2021年4月2日/駒沢246ブックオフ
・仕入れ価格 110円
・出品日/ 2021年4月2日
・出品コンディション 中古/良い

 

中古の最低価格は¥1と、
ここだけ見ると、

 

¥110でも高くない??
コレ、仕入れちゃダメなヤツなんじゃない??

 

という声が聞こえてきそうですが、、、

 

結果は、コチラです。

 

 

【結果】
見事受注成功!!

・受注日 2021年4月28日
・受注までの所要日数 26日間
・販売価格 1030円

 

そして実は、私は
上記の結果は仕入れの時点で分かっていた上で
仕入れを実行しました。

 

またまたー笑

 

そんな声が
それこそ
またまた聞こえてきそうですが、、、

 

本当です^^♪

 

これから以下に
その根拠をご説明していきます。

 

2. なぜ仕入れる・高値でも売れると判断したのか?【モノレート終了後のケース】

まずはコチラの画像をご覧ください。

ちなみに、今回の仕入れシミュレーションは、

モノレート終了後の2021年4月時点の実施
・Keepa、キーゾンWeb、アマコード(無料版)にて実施

です。

 

 

以下に、今回の思考や仮説の流れを
解説していきます。

 

上記の通り、
私は最安値ではありませんでしたが、
110円での仕入れから26日後
1030円で受注しています。

ちなみに、この商品は付録付ではありません。
もともと冊子のみです。

 

確かに、Amazonでカタログを見る限り、
中古の販売価格は死んでますよね。

そこだけ見れば、
仕入れ見送りの判断になります。

 

ただし、Keepaのグラフを見る限り
ある程度動いていますし、
売れていることは分かりますよね。

 

そこで、仮説を立てるわけです。

 

・まだ比較的新しめの雑誌。
・でも定価売りの新品はナシ
新品の最安値は、1923円。

 

新品が欲しい。
でも1923円は高いな。。。

 

・こう思っている見込客が一定数いるのではないか?
・なら、こういう人は“キレイな状態の中古で少し安いのがあれば買ってもいいかな”、こう思っているのでないか?

 

ちなみに
私がブックオフで見つけたこの雑誌は、

 

・総合的には「非常に良い」クラス
・ただ、表紙に強めのダメージ2箇所あり

 

という状態でした。

 

そこで改めて、
この商品の中古の出品者情報を確認。

 

すると、

・最高値は「良い/ FBA/1500円」
・画像付き出品者は1名のみ
・出品コメントもちゃんと書いているセラーはゼロ

と、ライバルは非常に弱い状態。

 

これなら、

・どうせ110円だし
  +
・詳細な画像付き
・詳細な商品状態を記した出品コメント

上記をちゃんと付ければ、

総額1000円くらいでなら
売れる可能性は高い

と判断。

 

すると、予想通り、
26日間という1ヶ月以内の所用期間で
総額1030円で受注に成功しました。

 

おまけに、

 

 

ご注文直後の御礼ご挨拶メール
丁寧で無駄のない梱包
折り鶴を同封した御礼のお手紙
迅速な出荷
出荷完了お知らせと改めての御礼ご挨拶メール

 

徹底したこれらの対応により、
定価越えでの中古商品の販売にも関わらず、
☆×5での出品者評価獲得にも成功しました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回のように、雑誌という商材は、

・110円で仕入れたものを
・1000円以上で売ることができ
・出品者評価まで獲得できるチャンスがある

そんな、

Amazonで本せどりを
新規アカウントで始めるという観点でも、
非常にメリットの多い商材であることが
お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

ぜひ、本せどりのスタートは、
私は雑誌せどりから始められることを
オススメします。

 

以下、今回の解説のまとめです。

 

【まとめ】
・今回のケースの仕入れ判断は「仕入れる」が正解

・今回のように、パッと見の中古販売価格は死んでいても、商品の売れ行きや新品の価格・出品者数・競合のレベル等によっては、美品+画像や詳細なコメント付き、であれば、ある程度の高値で売り抜けることが可能
・感動レベルのお客様対応を行うことができれば、高評価での出品者評価は、ある程度狙って獲得していくことも可能
・結論、Amazonで本せどりを新規アカウントで始める場合は、間違いなく”中古雑誌”からスタートするのがベストな判断

コメント

  1. […] 【雑誌仕入れシミュレーション記事】 雑誌せどりが狙い目! 雑誌は高利益商品が豊富で本せどりの入門に最適 […]

  2. […] 本せどりは雑誌がおすすめ!初心者にも最適な商材の仕入れ基準を解説 […]

タイトルとURLをコピーしました