Amazonの本のコンディションの決め方!中古本せどりの必須知識

本せどり
【NEWS!!】ストアカにてAmazon本せどり入門講座を好評開講中!

 


おかげさまで総受講者数も300名様を突破!

ただいま
2022年7月31日まで限定!

感謝されながら
99%誰もが稼げる
アマゾン本せどり


新生活応援
“1000円ポッキリ受講キャンペーン”
好評開催中!!

講義終了後には質疑応答のお時間もあり、
「1000円でここまでやってくれるのか」
そんなお喜びの声も多数頂戴している
おすすめの講座です ♪

 

本せどりブログ情報メディア
本せどり頑張る部まちがみのブログ

執筆者のまちがみです。

 

本せどり初心者の方からは、

・Amazonに出品する際は、新品以外の商品コンディションはどうすればいいですか?
・中古品仕入れの際にもAmazonでの商品コンディションは考えるけど、いまいち基準が分からない

というご質問をいただく機会が結構多いです。

 

確かに慣れないうちは、

・仕入れてみたものの、Amazon出品時のコンディション、これはどれに当たるんだろ。。。
・自分の感覚で決めるのは別にいいけど、あとで購入者からクレームになったりしたら嫌だし、どうしよ。。。

こんな風に考えがちですよね。

 

私は幸いにも、今まで一度も
商品コンディション面のクレームは経験がありませんが、
正直、最初の頃はまったく基準が分かりませんでした。

 

そこで、当記事では、

 

Amazonの本のコンディションの決め方!中古本せどりの必須知識

 

と題しまして、

 

本をAmazonに出品する際の明確な基準

 

について解説させていただきます!

 

それでは本日もいってみましょう^^♪

 

Amazonの本のコンディションの決め方!中古本せどりの必須知識

1. 実は、Amazonはその基準を明確に示しています

Amazonビジネスを始めたばかりの頃は、
正直、規約ガイドラインの重要性が分かっておらず、
こういうものの存在を皆さんご存知ないケースが多いです。

恥ずかしながら、かく言う、私も、そうでした。。。

だから過去、2回アカウント閉鎖の憂き目を経験する羽目に・・・
(しかし、なんとか頑張って2回とも自力で復活しました笑!)

実は、Amazonはその基準を明確に示しています。

こちらをご覧ください。

 

 

これは、Amazonのコンディションガイドラインの抜粋です。

本に関しては、

・新品
・中古ーほぼ新品
・中古ー非常に良い
・中古ー良い
・中古ー可
・コレクター商品ーほぼ新品
・コレクター商品ー非常に良い
・コレクター商品ー良い
・コレクター商品ー可
※注)コレクター商品の各コンディションへの言及はありませんが、商品登録画面にて存在は確認できます。

これらのコンディションが存在しており、
上記抜粋からも分かるように、
出品する際の商品コンディションは明確に細かく定められているのです。

ちなみに、
セラーセントラルにログインしている状態でこちらをクリックすれば、
該当ガイドラインのページにジャンプできるようにしておきます。

Amazonの規約・ガイドラインは、
Amazonでビジネスをやっていく上で
何よりもおさえておかなければならない
最重要ポイントです!!

この機会に全体を把握するために
チェックされることを強く強くオススメします!

よろしければどうぞ!

【Amazon規約・ガイドライン】
コンディションガイドラインのページはこちら

 

さて、このようにコンディションガイドラインを通じて、
Amazon側でも各コンディションの出品基準を
各項目ごとに細かく説明してくれてはいるんですが、

それでも正直、
本せどり初心者セラーさんは、

いまいち分からない。。。

と悩まれる方、多いんじゃないでしょうか。

 

特に、Amazonでの販売回数経験が少ない初心者セラーさんは、
必要以上にお客様からの返品クレームに対して恐れている傾向が強いので、

これだけじゃひとりで判断なんてできないよー涙

という声が、聞こえてきそうです、、、

 

2. 一番やっかいなポイントは、雑誌やムック本の「非常に良い」と「良い」の基準

とはいえ、上記ガイドラインから、

・新品
・ほぼ新品
・可

本という全体のくくりで、
上記の3つのコンディションに関しては
比較的判断はしやすいのではないかと思いますが、
いかがでしょうか?

 

新品は、そのままですよね笑。
完全にピンピンの未使用品・未読品であることが求められます。

続いて、ほぼ新品
これも新品に準ずる商品という意味で、なんとなく分かるかと。

そして、
これはもう、明らかに結構いたんでるもの付録が欠品しているものは、一律、可。
この判断でいいかと。

 

多分、一番やっかいなのが、

・非常に良い
・良い

ここの判断になってくるんじゃないでしょうか。

 

ガイドラインを読むと、

・書き込みや線引きがあるかないか
・背表紙に傷があるかないか

という具合に書籍に関しては明確に記載があるので、
この基準で考えればOKなんですが、

問題は、雑誌ムック本です。

 

あまり雑誌やムック本の場合、書き込みや線引きはないのがほとんどですし、
新品を含め、表紙や背表紙にはどんなにキレイな状態でも、結構、

・うっすらとした傷
・多少のスレ

など、あるものは多いですよね。

 

そこで、少しでも皆さんのお役に立てればということで、
私が雑誌やムック本の商品コンディションを決める際の
「非常に良い」と「良い」の切り分けの基準にしている
3つのチェックポイントをここでシェアさせていただきますね♪

以下に、チェックしていく順番に記載していきます。

 

①冊子の中身のダメージをチェック

まずはここから見ていきます。
要は、読み跡ページの折れ・破れなどを確認します。

この時点で結構ダメージあるなーというものは、
強制的に「良い」に格下げします。

 

②表紙と背表紙のダメージをチェック

続いては、表紙と背表紙です。
ここでは、スレの度合いや汚れ具合をチェックします。

冊子の中身はOKだったけど、
表紙と背表紙に結構ダメージあるなーというものは、この時点で脱落。
またまた強制的に「良い」に格下げします。

 

③雑誌の底の面のダメージをチェック

そして最後が、この雑誌の底の面です。
いわゆる、写真のこの部分です。

本体の天面側面は、比較的どれもキレイなパターンが多いです。

しかし、この底の面の部分は、
これまでの扱われ方によってその商品ごとに
かなりダメージの出方が違います。

これが最終関門です。

ここの、傷・汚れなどの痛み具合によって、
「非常に良い」か「良い」のどちらで出品するかを最終判断していきます。

 

以上が、私が雑誌やムック本の
「非常に良い」と「良い」の切り分けの基準にしている
3つのポイントになります。

ちなみに、これまでに上記の基準で判断して出品・販売してきた商品で、
クレームや返品になったことは一度もありません。

 

あとは合わせて、

「コンディション説明」にてテキストで商品情報を細かく伝達
「出品者SKU画像」から画像をアップして視覚からも情報を伝達

これらにもしっかりと取り組んでいけば、
まずクレームや返品になる可能性は限りなくゼロに近づけられます。

 

上記の点に関しましては、
別記事でも詳しく解説させていただいておりますので、
よろしければこちらの記事もご一緒にどうぞ!
アマゾン本せどりで高く早く売るために必要な4つのポイントを解説!

 

3. ただ、最終的には「人間の感じ方」という感情に左右される部分が大きい、というのが結論

ここまで、Amazonのコンディションガイドラインのお話や、
私の行っているコンディション切り分け基準のお話など、
たくさんのトピックスをシェアさせていただきましたが、

結論、最終的には、

人間の感じ方

これがすべてという
フワーッとした着地にはなってしまうというのが
正直なところです。

 

お客様は、あくまで生身の人間です。
感情があります。

運が悪ければ、
その方の腹の虫の居所ひとつでクレームになることもあります。

もちろん、その逆もしかりです。

 

対象がお客様という人間である以上、
また、対象の商品が中古品である以上、
どんなに優れたガイドラインがあろうと、
こちら側でそれをコントロールするのにも限界があります。

 

なので、ある程度は、
自分の感覚を信じてやっていくしかないということなんですね。

 

ただ、クレームを作らないために意識してできる取り組みもあります。

 

それは例えば、

・受注後にはすぐに御礼のメールを送る
・丁寧な梱包を心がける
・受注後は迅速に出荷する
・ペーパーレスの取り組みと合わせて、出荷時のお知らせメールを送る

こういった、ネットショッピングにおける接客の部分で、
お客様に対して積極的に尽くすという取り組みです。

 

この面でも、相手は感情のある人間です。

自分がされたら嬉しいと思うことを、
当たり前にお客様に対してもやっていくということです。

 

こういった取り組みができているかいないかで、
どっちに転ぶか分からないようなお客様次第な局面では、
大きな結果の差につながることも多々あります。

 

また、そういう取り組みを積極的にやっていると、
出品者評価を高評価で獲得できる可能性も非常に高くなります。

下記、出品者評価の重要性に関する内容を解説した記事です。
新規アカウントの方向けに執筆した記事ではありますが、重要な内容です。
よろしければ、ぜひ合わせてご覧ください!
Amazon新規アカウント評価獲得はなぜ最優先でやるべきなのか?

 

あとは、どうしても迷って決めきれないという場合は、
本当は付けたいコンディションよりもひとつ下げて出品するのがベターです。

 

高く売りたいという欲の気持ちは、グッとおさえて、
こういう時は「お客様に得してもらおう」という謙虚な気持ちでいた方が、
出品者評価をもらえるなど、えてして好結果につながるものです♪

あたえる人があたえられる

というところでしょうか^^。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上、

 

Amazonの本のコンディションの決め方!中古本せどりの必須知識

 

と題しまして、

 

本をAmazonに出品する際の明確な基準

 

について解説させていただきました!

コメント

  1. […] Amazonの本のコンディションの決め方!中古本せどりの必須知識 […]

タイトルとURLをコピーしました