古物商許可申請は中古本せどりに絶対必須!窓口の警察で必ず申込を!

本せどり
【NEWS!!】ストアカにてAmazon本せどり入門講座を好評開講中!

 


おかげさまで総受講者数も300名様を突破!

ただいま
2022年7月31日まで限定!

感謝されながら
99%誰もが稼げる
アマゾン本せどり


新生活応援
“1000円ポッキリ受講キャンペーン”
好評開催中!!

講義終了後には質疑応答のお時間もあり、
「1000円でここまでやってくれるのか」
そんなお喜びの声も多数頂戴している
おすすめの講座です ♪

 

本せどりブログ情報メディア
本せどり頑張る部まちがみのブログ

執筆者のまちがみです。

 

これまた、普段からよく、
本せどり初心者の方たちや
新規アカウントの方たちから、

 

・古物商許可ってなんですか?
・中古本の仕入れや販売に古物商許可って必要なんですか?
・Amazonで中古本を売るのに古物商許可はなきゃダメなんですか?

 

といったご質問をいただきます。

 

そこで、この記事では、
またまた
本せどり初心者の方たちや
新規アカウントの方たち向けに、

 

古物商許可申請は中古本せどりに絶対必須!窓口の警察で必ず申込を!

 

と題しまして、

 

古物商許可とは何か?
古物商許可が必要になるのはどんな時?
古物商許可の取り方

 

これらについて解説していきます。

 

古物商許可申請は中古本せどりに絶対必須!窓口の警察で必ず申込を!

1. 古物商許可とは何か?

まずは「古物商許可とは何か?」
についてですが、

ひと言で簡単に説明すると、

中古品を営利目的で
仕入れたり販売するために必要な
公的な許可

ということです。

 

ちなみに、管轄は警察になります。

 

2. 古物商許可が必要になるのはどんな時?

さて続きまして、
どんな時に古物商許可が必要になるのか?
についてですが、

上記でもご説明の通り、

中古品を営利目的で仕入れる時
中古品を営利目的で販売する時

に、古物商許可が必要になります!

 

つまり、

・中古本の仕入れや販売に古物商許可って必要なんですか?
・Amazonで中古本を売るのに古物商許可はなきゃダメなんですか?

というご質問への回答は、

必要だし
なきゃダメです!!

という回答になります。

 

これは、
Amazonだから必要ということではなく、

ヤフオクでも、
メルカリでも、

目的が営利目的であるならば
絶対必要!!

ということです。

 

ただし、例外として、

・もともと自分が所有しているもの
・もらい物などで使っていない家にある不用品

などを換金目的で販売する場合には、
古物許可証は不要です。

 

あくまで、
営利目的で仕入れたものを販売する場合に
古物許可証が必要になるということなんですね。

ここが押さえておかなければならない
重要なポイントです。

 

仮に、古物商許可が下りていない状態で
中古本などを販売して万が一逮捕されてしまうと、

3年以下の懲役
または100万円以下の罰金
もしくはその両方

が課せられてしまうことになります。

これは、そうなってから知らなかったでは済まされない話なので、
古物商許可を取っていない方はすぐに申請手続きをしましょう!

 

3. 古物商許可の取り方

続きまして
古物商許可の取り方についてですが、
上記でもお伝えの通り
古物商許可の管轄は警察になります。

したがって、窓口は警察です。
費用は、約20,000円程度かかります。

 

必要書類は、
各自治体の警察のHPからダウンロードできますので、
まずはご自身がお住まいの自治体の警察HPを確認してください。

必要な手続きも、
それらの書類に記入・捺印して、
窓口で購入した印紙を添付したものを提出するだけの
とても簡単な内容です。

許可自体は、手続きから2週間程度で下りるケースもありますが、
自治体や申し込みのタイミングによっては
1ヶ月〜1ヶ月半くらいかかる場合もありますので、
詳しいことは手続き時に警察の担当の方へ直接確認してください。

 

また、手続きに行かれる際は、
事前に警察へ電話をして
すぐに手続きができるかどうかを
確認してから行かれることをオススメします。

普段、古物商許可の手続きで来る人がそんなに多くない警察だと
担当者が常駐していない場合があり、
そういう警察の場合は事前に電話の上でアポを取った上で行かないと
アポなしだと手続きができないケースがあるので注意が必要です。

ちなみに、
書類の書き方が分からなければ電話で説明もしてもらえますので、
そういった確認の意味でも警察には一度電話された方が賢明です。

 

また、行政書士に依頼して取得を代行してもらうこともできます。

その場合は、代行費が30,000円ほどかかり、
総額では50,000円ほどの費用がかることになります。

しかし、全く難しい手続きではないので、
そんなことに30,000円も費用をかけるぐらいなら、
私は仕入れに回した方が圧倒的にベターだと思います。

なので、よっぽどの事情がない限りは、
ご自身で直接警察に行って手続きされることを
オススメします。

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上、

 

古物商許可申請は中古本せどりに絶対必須!窓口の警察で必ず申込を!

 

と題しまして、

 

古物商許可とは何か?
古物商許可が必要になるのはどんな時?
古物商許可の取り方

 

についての解説でした!!

コメント

  1. […] 古物商許可申請は中古本せどりに絶対必須!窓口の警察で必ず申込を! 本せどりブログ情報メディア本せどり頑張る部まちがみのブログ執筆者のまちがみです。これまた、普段からよく […]

タイトルとURLをコピーしました