AmazonFBAのメリットを解説!本せどりに関わる5大メリット

[Amazon(アマゾン)転売/せどり]本せどり物販ノウハウ集
◆安心の実績/講師評価4.9超◆ストアカプラチナ講師として活動中!


おかげさまで主宰講座の総受講者数も300名様を突破!

ただいま
2022年11月30日までの期間限定!

メルカリネクタイ転売入門講座


新規開講記念!
“おためし1000円ポッキリ受講キャンペーン”
好評開催中!!

 

本せどりブログ情報メディア
本せどり頑張る部まちがみのブログ

執筆者のまちがみです。

 

普段からよく、
本せどり初心者の方たちや
新規アカウントの方たちから、

 

・FBAって使った方がいいんですか?
・自己発送とFBAって何が違うんですか?

 

というご質問をいただきます。

 

私からはいつも基本的に、
新規アカウントのうちは
アカウント育成のための出品者評価数
頑張って増やさなければならないため、
評価獲得のためにも
はじめのうちは自己発送メインで取り組んでいくよう
アドバイスさせていただいています。

 

しかし、本せどりでも、
FBAを利用することで得られるメリットは
実際にたくさんありますので、
先々のためにもそれを知っておくことは
非常に重要です。

 

そこで、この記事では、
本せどり初心者の方たちや
新規アカウントの方たち向けに、

 

AmazonFBAのメリットを解説!
本せどりに関わる5大メリット

 

と題しまして、
FBAを利用することで得られるメリットについて
解説していきます。

 

AmazonFBAのメリットを解説!本せどりに関わる5大メリット

1. 在庫の保管・受注処理・出荷・配送・返品などを全てAmazonが対応

売れる前から事前に商品を
Amazonの倉庫に送っておくことで、
梱包や発送、万一の返品対応まで、
受注後に発生する様々な行程をAmazonに対応してもらえるため、
出品者側にとっては一種の外注化サービスのような役割を
果たしてくれます。

受注処理や梱包・発送などの
受注後の面倒な作業から解放されるため、
仕入れや価格改定などの売上に直結することに
リソースを割けやすくなります。

購入者からの問い合わせ対応や万一の返品対応にも
Amazonに対応してもらえるところも大きなメリットです。

また、Amazonの倉庫は年中無休で稼働しているので、
注文から出荷までのリードタイムが非常に早く、
購入者の満足度アップにつながりやすいことも大きなメリットです。

 

2. 年中無休で稼働しているため、休日中の配送などにも対応できる

個人運営レベルでの
24時間365日の出荷対応やお客様対応は、
出品者による自己発送で対応していくことは
現実的に不可能です。

しかし、上記でも書かせていただきましたが、
AmazonのFBA倉庫は24時間365日稼働しているため、
年中どのタイミングで注文が入ってきても
迅速に出荷対応をしてもらうことができます。

また、
ゴールデンウィークや夏季・年末年始の休暇時などに
出品者自身は休業している状態でも、
FBAを活用することで注文を受けつけることができ
出荷作業も行ってもらえるため、
年中無休での営業活動も可能になります。

 

3. Amazonからの発送による受注率アップが期待できる

AmazonのFBA倉庫に入れた商品は、
出品者情報の出荷元の表示
「Amazon.co.jp が発送します」
という表示になります。

Amazonにて購入を検討するエンドユーザーは、
実はこの部分をかなりよく見ています。

Amazonで頻繁に買い物をするユーザーは、
注文後に商品が早く届くことを最重要視している傾向
非常に強いです。

そのため「Amazon.co.jp が発送します」という表示の影響により、
Amazonが発送するなら安心だし早く届くはず “という
安心安全訴求力が高まり、
自己発送よりも受注率アップが期待できるのです。

 

4. primeマークの表示による受注率アップが期待できる

AmazonのFBA倉庫に入れた商品は、
「Amazonプライム会員」ユーザーの検索結果に
primeマーク付きで表示されます。

一般会員ユーザーには、primeマークは表示されません。

primeマークが表示されている商品は、
お急ぎ便やお届け日時指定便などが無料で利用できる上、
検索結果一覧や商品ページなど様々な場所で目につきやすくなるため、
これらの点からも受注率のアップが期待できます。

インターネットショッピングでの
「送料無料サービス」が当たり前品質化してきた現在は、
送料無料であることが購入するかしないかを判断する
決め手になることも珍しくない時代です。

Amazonでも
お客様のプライム会員サービスによる囲い込みには
かなりの力を入れていますので、
primeマークや会員メリットの認知度も
一般的にどんどん浸透している傾向にあります。

primeマークを出品情報に表示させることは、
FBAサービス活用の大きなメリットのひとつと言えます。

 

5. カート獲得率アップが期待できる

カートが獲得できるかできないかは、
セラーの売上に非常に大きな影響を与えます。

そんなカート獲得ですが、
実は、AmazonFBAサービスの利用により
獲得率がアップする可能性が高まります。

カート獲得(カートを取る)とは、
1つの商品に対して複数の出品者が相乗りで存在する場合に、
Amazonから見てエンドユーザーにとっての購入条件が
最も優れていると判定された出品者が、
「カートに入れる」ボタンの第1位の座を獲得することを言います。

例えば、あるひとつの商品に、
自己発送の出品者とFBA発送の出品者がいるとして、
販売価格は全くの同価格の場合、
カート獲得はFBA発送の出品者の方がシステム的に優遇されやすい
といったような意味です。

もちろんカート獲得には、
Amazon側が一般には開示していない様々な条件がありますし、
FBAサービスを利用すれば
必ずカートが獲得できるわけではありませんが、
かなり大きなポイントであることは間違いありません。

この点もまた、FBAサービスを利用する上で得られる大きなメリットです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上、

 

AmazonFBAのメリットを解説!
本せどりに関わる5大メリット

 

の解説でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました